ホーム > 第4回とうかい観光情報学研究会

 

第4回とうかい観光情報学研究会

第4回とうかい観光情報学研究会をを下記のとおり開催いたします.多くのご参加をお待ちしております.

第4回とうかい観光情報学研究会

  日時:平成30年2月19日(月)13時00分~18時00分

  場所:静岡県立大学 経営情報学部棟 4111教室 (静岡市駿河区谷田52-1)

  研究発表テーマ:観光情報学に関連した研究全般

  主催:観光情報学会,とうかい観光情報学研究会,静岡県立大学ICTイノベーション研究センター

  協力:静岡県立大学地域経営研究センター

プログラム

13:00 オープニング

13:05-18:00 研究発表(11件の発表)

18:00 クロージング

(詳細なプログラムは,とうかい観光情報学研究会のWebサイトをご覧下さい)

 

参加申込み:

当日参加も可能ですが,下記のメールアドレスまで事前にお名前と御所属をご連絡いただけますと助かります.

静岡県立大学ICTイノベーション研究センター副センター長 湯瀬裕昭
E-mail: yuze(アットマーク)u-shizuoka-ken.ac.jp

申込み費用・参加費: 今回の研究会は無料です.

 

 「とうかい観光情報学研究会」の主旨

東海地方は,日本の中心部に位置し,白川郷,熊野古道伊勢路,富士山という世界遺産や,伊勢神宮や名古屋城なども有名である.また,名古屋の味噌カツなどの地域独特の食資源を有しており,近年では富士宮焼きそばなどのB級グルメも知られるようになった.このように,東海地方には,世界遺産,歴史的建造物,食など多くの観光資源が存在する.本研究会では,愛知県,岐阜県,三重県,静岡県の4県から構成される東海地方を基盤に,観光情報の分析と活用や,観光資源の有効利用について情報を活かした研究を行い,さらに,ICTを広く活用し観光産業を介して地域社会に貢献する.特に,以下の事項について力を入れていく.

  • 観光資源のITコンテンツ化
  • 観光情報としてのオープンデータ活用
  • ICT活用による観光資源の発信
  • 観光地域活性化のモデル事業(Wi-Fi活用や観光ガイド育成など)
  • 東海地方の観光資源の発掘と広域連携